Office 365でExcelをもっと便利に。使える機能と特徴について

2020/03/16 Office365
Pocket
LINEで送る

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?

Office 365で利用できるOfficeアプリには、Excelも含まれています。Excel単体ではなく、Office 365として契約することで利用の幅が大きく広がるでしょう。

Office 365に備わっているExcelは、パッケージ版のExcelと機能や特徴は異なるのでしょうか。

そこで今回は、Office 365でExcelを利用する際に使える機能や特徴、パッケージ版との違いをご紹介します。

Office 365でExcelを使おう

Office 365でExcelを使おう
基本的にはパッケージ版よりもOffice 365での利用が推奨されます。まずはその理由について見ていきましょう。

機能はパッケージ版と同じ

Office 365の中のExcelの機能は、Excel 2019などのパッケージ版と基本的な部分についてはあまり変わりません。どちらかというと、Office 365に含まれているExcelの方が機能が優れている可能性もあります。

いずれにしても、どちらかの機能が明らかに劣るといった性能の差はないため、どちらを利用しても操作性で不便に感じるなどの問題はないでしょう。

プラン内の他のアプリとの連携が可能

Office 365は、Excelだけではなくその他のアプリやサービスも一緒に利用できます。これらの機能と連携ができるようになるというのが、Office 365が推奨される理由です。

例えば、Excelで作成したデータの保存先としてOneDriveを利用すれば、デバイズの容量が圧迫されることなく、他のデバイスとの共有も容易になります。

その他にも、有料オプションにはなりますがvisioなどのプレゼンテーションを作成するツールともデータをそれぞれに互換することが可能です。

他のアプリの特色を活かしてExcelをさらに便利に活用できることに期待が持てます。

Excelが含まれていないプランに注意

Office 365の中には、ディスクトップ版のExcelアプリが含まれていないプランもあるため、注意が必要です。具体的には、Office 365 E1というプランでは、Excelをはじめ、その他のOfficeアプリが利用できません。

このプランは、共有管理ツールなど、アプリ以外のサービスが利用できるようになる機能です。逆に、Officeアプリだけを利用できるProPlusというプランもあります。

Office 365のExcelとパッケージ版のExcelの違い

パッケージ版との違い
Office 365の中に含まれているExcelとパッケージ版のExcelを比較すると、機能に大差はありません。しかし、Office 365の方がメリットが大きいと言えるでしょう。その理由について、具体的に解説します。

Office 365は自動でバージョンアップされる

Office 365の優れている点の1つに、サービスやソフトが自動でアップデートされ、常に最新のバージョンを維持できるというものがあります

これは、Office 365がサブスクリプション型である大きなメリットです。一方のパッケージ版の場合、次のバージョンが出たら改めて購入する必要があります。

Microsoft社で開発されたExcelの機能が、Office 365の場合は随時反映されるということになります。

複数端末で利用可能

パッケージ版のExcelは、基本的にPC利用が前提です。また、インストールできるPCも最大で2台と決まっています。

一方、Office 365は、ビジネスプランであればPCで5台、タブレットで5台、スマートフォンで5台の計15台にインストールが可能です。ビジネスで複数の端末に切り替えて利用する場合、Office 365の方が便利であることは疑いようがありません。

Excel Onlineとの違い

Excel Onlineとの違い
Excelには、PCにインストール不要でブラウザ利用が可能なExcel Onlineというツールがあります。Excel Onlineは無料で利用が可能です。

ブラウザ利用のため複数のタブレットでも閲覧できるという共通点もありますが、それでもOffice 365の方が評価は上といえます。その理由を見ていきましょう。

マクロやVBAは使用できない

Excel Onlineでは、マクロやVBAが使用できません。マクロはとはスクリプトをカナ略化する命令文で、ルーチンワークを組むのに使えます。

VBAとはExcelの機能を拡張させるためのプログラミング言語ですが、これもExcel Onlineでは利用は不可能です。

Excel Onlineでは、機能の向上やカスタマイズなどは基本的に見込めないことを覚えておいてください。

処理速度が遅い

Excel Onlineは、実は製品版と性能が大きく異なります。マクロが使えないことをはじめ、さまざまな機能が制限されているのです。

処理速度についてもその1つです。Excel Onlineの処理速度は製品版と比較するとかなり遅いと言われています。

Excel Onlineは、あくまで無料ソフトであり、実際にビジネス利用を考えるのであれば製品版の方が遙かにパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

まとめ

Excelにはパッケージ版とOffice 365のアプリとして使うという2つの利用方法があります。Office 365は他のアプリやサービスとの提携や、常に最新の仕様が組み込まれる点から、パッケージ版よりも機能性は上だと言えるでしょう。

また、Office 365であれば複数のデバイスで利用できるため、いろんなビジネスシーンで利用できるのも利点です。ビジネスで活用を考えるなら、Office 365の方が良いでしょう。

クラウドサービス契約管理を一本化

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?
The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。