Microsoft 365(旧Office 365)をインストールできる台数は?法人用は上限あり

2020/05/08 Microsoft 365

Microsoft 365(旧Office 365)は、複数のデバイスで同時にインストールし、使い分けることができます。

しかし、インストール台数に上限があるのはご存じでしょうか。そこで今回は、Office 365の具体的な上限台数や、インストールする上での注意点について解説します。

Microsoft 365(旧Office 365)は複数端末で利用できる?

Office 365は複数端末で利用できる?
Microsoft 365(旧Office 365)の特色は、1台だけではなく複数の端末で利用できます。PCだけではなく、タブレットやスマートフォンでも利用できるため、社外や出張先でも利用可能です。

しかし、インストールできるデバイスの数には上限があるという点には注意しなければなりません。どういうことか詳しく見ていきましょう。

Microsoft 365(旧Office 365)はライセンスごとに上限あり

Microsoft 365(旧Office 365)のインストールできる台数は、ライセンスごとに上限があります。この上限を超えた場合のさらなるインストールはできません。いずれかのデバイスから、Microsoft 365(旧Office 365)をアンインストールする必要があります。

法人向けプランと個人向けプランでは、インストール台数上限には違いがあります。これについては、後ほど詳しく触れていきます。

パッケージ版は2台まで

Office 2016や2019などのパッケージ版の上限は、PC2台までとなっています。少なく感じるかもしれませんが、Officeソフトは基本的に1つのライセンスを複数人で利用することを前提としていません。

パッケージ版は、あくまで個人がPCで利用する場合に推奨されます。Microsoft 365(旧Office 365)の方が利用台数が多く、モバイル利用ができることからも、企業での利用をする場合はMicrosoft 365(旧Office 365)がおすすめです。

Microsoft 365(旧Office 365)がインストールできる台数の上限は?

インストール台数の上限は?
Microsoft 365(旧Office 365)を利用する際のインストール台数の上限は、個人用と法人用で異なります。それぞれの上限について詳しく見ていきましょう。

法人プランは15端末まで

法人プランであるEnterpriseとBusinessの2つのプランでは、どちらのプランもインストールの上限は1ライセンスにつき15端末までです。

この台数を上回ったインストールを行うことは、基本的には不可です。また、複数人で1つのライセンスを使い回すのはセキュリティ上、おすすめできません。1ライセンスにつき1人の利用を前提として利用しましょう。

法人プランのインストールは条件つき

法人向けプランの上限は15台ですが、実はこの台数には条件があります。

Microsoft 365(旧Office 365)の規定によると、インストールできる台数はPC5台、スマートフォン5台、タブレット5台の合計15台という内訳です。そのため、PCだけで15台など特定の機種だけに絞って15台インストールさせるということはできません。PCについても、WindowsとMacを併せて5台までです。

 

BYOD(私物端末の業務利用)を検討している場合はこちらの記事もぜひチェックしみてください。

2020/05/08
感染病の拡大予防や通勤ラッシュの混雑回避のためには、在宅勤務の導入を検討する必要があります。 また、災害時出社できず業務を進められないときも、在宅で仕事ができると安心感がある...
続きを読む

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)は無制限

個人向けのMicrosoft 365 Personal(旧Office 365 solo)は、2018年10月からルールが大きく変更されました。それまでのインストール台数はPC、スマートフォン、タブレットでそれぞれ2台までだったのですが、10月以降はこれが無制限となっています。

しかし、一度にたくさんのデバイスからサインインできるわけではありません。同じアカウントで同時にサインインできるのは5台までと決まっています。

それ以上にサインインする場合は、いずれかのデバイスをサインアウトする必要があります。Microsoft 365 Personalは、インストールできる台数は、無制限ではありますが一度に自由な台数が利用できるわけではありません。注意しましょう。

Microsoft 365(旧Office 365)のインストール台数について、よくある疑問

よくある疑問
Microsoft 365(旧Office 365)を利用するにあたり、台数上限についてよくある疑問をまとめました。上限について気になる方は、次の見出しを参考にすると良いでしょう。

Microsoft 365(旧Office 365)をインストールできる台数を増やすことはできる?

1つのライセンスでインストールできる台数の上限を増やせるのか? 気になる方もいらっしゃるでしょう。もっとインストールできる台数を増やしたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

基本的に1つのライセンスでインストールできる台数の上限を増やすことは不可です。

上限以上の台数を利用したい場合、複数のライセンスの発行が必要になります。2つ目のアカウントの発行・購入を検討してください。

法人用プランのインストール端末の確認、削除方法

インストールした端末が何台なのか、分からなくなってしまうこともあるでしょう。特に法人プランはインストールできる台数が決まっているため、常にチェックしておきたいところです。ここでは、インストール端末の確認やインストールしたデバイスの削除方法をご紹介します。

【インストール端末の確認・削除方法】

任意のデバイスから『https://portal.office.com/Account/』にアクセスし、サインインを行ないます。

  1. 『インストールの状態』→『インストールオプション』を選択
  2. 『インストール』→横にある矢印を選択し、インストール状況を表示する
  3. 『非アクティブ化』を選択し、使用しなくなったデバイスを非アクティブ化する

これで、現在アクティブの端末及び、非アクティブ化が同時に行えます。なお非アクティブ化した後でも閲覧や印刷は可能ですが、新規にデータの作成や編集はできません。

まとめ

Microsoft 365(旧Office 365)は、1つのライセンスで複数のデバイスにインストールし、利用することができます。出張や外出が多いビジネスシーンでは大いに役立つでしょう。

しかし、インストールできる台数には上限があります。また、セキュリティ面の問題から複数人が1つのライセンスを使い回すことは推奨されません。1ライセンスを1人に割り当て、持ってるデバイスを自己の責任の下で管理していきましょう。

The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。