Microsoft Teamsとは?Teamsの機能や活用方法について

2020/03/16 Office365
Pocket
LINEで送る

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?

Office 365に付属していたSkype for Businessは、Microsoft Teamsへと移行しています。今までSkype for Businessで利用していた機能だけではなく、さらに進化した機能が備わっています。

この記事では、Microsoft Teamsの機能や特徴について見ていきましょう。

Microsoft Teamsとは?

Microsoft Teamsとは?
Microsoft Teamsとは、チャットツールのこと。Office 365を契約している場合、利用することができるサービスです。これまでは、Skype for Businessを利用していましたが、2021年に提供が終了します。これから新規でOffice 365を契約した場合や、契約更新した場合はMicrosoft Teamsになります。

Microsoft Teamsは、チャットツールですが、他のチャットツールとは大きく異なります。次で、その機能について見ていきましょう。

Microsoft Teamsの機能

Microsoft Teamsの機能は、下記の通りです。

【Teamsの機能1】チャットツール

個人間でも、グループを作って複数人とでも、やり取りができるチャットツール。細かいことでも相談し合ったり、コミュニケーションを図ったりできるツールです。

【Teamsの機能2】オンライン会議(ビデオ・音声)

ビデオや音声で、オンライン会議を行うことができます。オンライン会議とは、インターネットを通じて電話で行う会議のこと。離れていてもインターネットさえつながれば、会議ができます。会議を行う場所までの移動時間を削ることができるので、その分、他の作業にも入れます。

地方の企業とも会議ができるので、新規開拓が広くなるのではないでしょうか。

【Teamsの機能3】ファイル共有

Microsoft Teamsでは、ツール上でファイルのやり取りができます。クラウドサービスなので、一度ファイルを共有サーバーに保存しなければいけないなどの面倒なことがなくなります。

チーム共同で編集もできるので、一人の作業時間の負担を減らすことが可能です。

【Teamsの機能4】メモ機能

Microsoft Teamsは、会議中にメモを取ることが可能です。急に控えておかなければいけない事項もすぐにメモをとることができます。そのメモを共有することもできるので

【Teamsの機能5】プロジェクト管理

個人間だけのやり取りだけではなく、必要なメンバーだけでチームを利用して共有トピックスを作ることが可能です。

複数人で取り掛からなくてはいけない案件も、スムーズに進めていくことができます。

【Teamsの機能6】ツール連携

Microsoft Teamsは、Office365内にあるツールです。他のツールである、ExcelやWordなどとも連携させることができます。

また、Microsoftのアプリケーションだけではなく、他のアプリケーションとも連携が可能です。

例えば、タスク管理ツールのTrelloやメモ機能が備わっているEvernote、Zohoなどと連携させることができます。

Microsoft Teamsの活用方法

Microsoft Teamsの活用方法

コミュニケーションツールを一括化

企業によっては、社内のコミュニケーションツールが定まっていないケースもあるでしょう。ツールが定まっていないと、メールにチャットツール、社内SNSなどバラバラで統一されておらず、さまざまなツールを確認する必要があるのではないでしょうか。

さまざまなコミュニケーションツールを利用していると大事な連絡を取りこぼしてしまう場合も。Microsoft Teamsでは、コミュニケーションツールを一本化することができます。他のアプリケーションとも連携しているので、Microsoft Teamsであわせて確認できるのはうれしいですよね。

一本化できることにより無駄な作業も減り、共同作業もできるので業務効率化につながります。

リモートワークの導入に

Microsoft Teamsの特徴は、チャットツールや、オンライン会議の機能を利用して社内の人とコミュニケーションを図れること。インターネットがつながっていれば利用できるので、リモートワークも導入することができます。

特にチャットツールは、社内の人であればメールのようにかしこまった文面でなくても送ることができます。ラフにコミュニケーションが取れるので、離れて仕事をしていても溝ができてしまう、ということが減るのです。

Microsoft Teamsを利用できるOffice 365プラン

Microsoft Teamsが利用できるプランは下記の通りです。基本的にビジネスプランでしか利用できません。

  • Office 365 Business Essentials
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 E1
  • Office 365 E3

無料版も利用できますが、ビジネス(法人)で利用する場合は、高度なセキュリティが備わっているOffice365の法人向けプランがおすすめです。

まとめ

今回は、Microsoft Teamsの機能や特徴についてご紹介しました。

Skype for Businessよりも、さらに機能が備わっているMicrosoft Teams。
今まで通りオンライン会議も可能で、チャット機能やメモ機能、グループ管理などができるので、ぜひ活用してみてください。

クラウドサービス契約管理を一本化

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?
The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。