Yammerとは?Yammerの機能や便利な使い方について

2020/05/08 Microsoft 365
Pocket

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?

Yammer(ヤマー)とは、社内SNSの1つです。社内SNSの利用を検討している方はよく目にする言葉かもしれません。

では、Yammerにはどのような機能が備わっているのでしょうか。この記事では、Yammerの機能や便利な使い方についてご紹介します。

Yammerとは?

Yammerとは?
Yammer(ヤマー)とは、社内で利用できるソーシャルネットワークサービス(SNS)のこと。いわゆるFacebookやTwitterのように情報を投稿していくツールです。

他のSNSと異なるのが、社内限定で投稿を公開できること。社外に発信するわけではないため、業務の内容を共有したり、ミーティングのスケジュールを共有したりなど業務に関することを投稿することができます。

Yammerでできることについては、次で詳しくご紹介します。

Yammerでできること

記事を投稿する

ミーティングのスケジュールを共有したり、業務に関する情報を共有したりすることができます。他にも、業務で役立つ情報を共有することが可能です。投稿画面は、SNSのようになっているので、気軽にどんなことでも投稿しやすいのがYammerの特徴ともいえます。文字数制限はないので、長文でも投稿が可能です。

また、画像やファイルも添付もできるので、画像とあわせてメッセージを投稿することも。他にも投稿に対して、「like」ボタンが押せたり、コメントしたりすることもできます。

投稿については、社内全体だけではなく、限定公開も可能です。一部だけに共有したい場合も難なくできます。検索機能も備わっているので、見たい投稿が見つからない…という場合も安心です。

メッセージのやりとり

個人間でプライベートメッセージを送ることができます。メールをするほどでもないけど、コンタクトが取りたいときに便利な機能です。

グループの作成

グループを作成し、グループ限定の投稿をすることができます。プロジェクトチームだけに共有したいことも簡単にメッセージ投稿が可能です。

称賛機能がある

Yammerには、称賛機能があります。例えば、困っているときに助けてもらったこと、同僚が営業成績1位だったなど仲間に称賛したいことがあれば、称賛の理由も含めて送ることができます。

人からありがとうやおめでとうと言われるのはうれしいことですし、社員のモチベーションにつながるのではないでしょうか。

スマートフォンからもYammerを利用できる

Yammerは、スマートフォン専用のアプリがあります。AndroidでもiPhoneでも利用することが可能です。オフィスから離れた場所でも、Yammerに投稿された記事を確認することができます。

Yammerの便利な使い方

Yammerの便利な使い方

スケジュール共有

会議のスケジュールはもちろん、資料の提出期限など、社内に関するさまざまな「スケジュール」を共有ができます。

クライアント対応

来客が訪れた際の呼びかけ、クライアントから電話があったときの伝言などを共有することができます。

勤怠について

スマートフォンアプリがあるため、電車遅延や直行直帰など、勤怠についての連絡にも役立ちます。

困っているとき

ツールの使い方が分からないときや、パソコンのトラブルなどが起こった際に、他の社員にYammerを通じて聞くことができます。問題解決へとつながるでしょう。

他にも、作業を手伝ってほしいときに呼びかけることが可能です。これは、業務効率化にもつながります。

イベントやセミナーなどの参加を募集したいとき

社内でイベントやセミナーを行うときに、参加者を呼びかけるのにもおすすめ。参加したかったけど、知らなかった…なんてことも減るでしょう。

社内のちょっとしたコミュニケーションを図るツールとして

飲み会の呼びかけや、ちょっとした報告、差し入れの連絡などちょっとしたコミュニケーションを図るのにも適しているツールです。

投票形式の投稿も可能なので、ランチや飲み会のお店を決めたいときなどに投票してもらうことができます。

メールのように堅苦しいツールではないため、気軽に社員同士でコミュニケーションを取れることが可能です。そのため、社内の風通しが良くなるでしょう。

業務以外のことを投稿することで、作業に影響がでないか? と、心配になる方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、業務時間外であれば業務以外のことも投稿を許可するなどルールを設けることで、導入しやすくなるのではないでしょうか。

Yammerに単独プランはある?

Yammerには、単独プランがありません。利用できるのは、Office 365のビジネスプランの契約者のみとなります。利用できるOffice 365のビジネスプランは下記の通りです。

Office 365 E1

サービスのみを利用できるプランです。Yammerの他に、SharePointやTeamsなどを使うことができます。WordやExcelなどのOfficeのアプリケーションを利用することはできません。

【利用料金】1ユーザーにつき、870円(月相当/年間契約の場合)※税抜

Office 365 E3

Officeアプリケーションとサービスが両方利用できるプラン。アプリケーションとサービスを両方利用するなら、おすすめのプランです。

【利用料金】1ユーザーにつき、2,170円(月相当/年間契約の場合)※税抜

Office 365 E5

E3と同様に、Officeアプリケーションとサービスが両方利用できるプランです。E3と異なるのは、E5はさらに利用できるサービスが広がること。Power BIをはじめ、さらに高度なセキュリティ機能などが備わっています。

【利用料金】1ユーザーにつき、3,810円(月相当/年間契約の場合)※税抜

Yammerは大企業向けのOffice 365である、Enterpriseプランで、利用することが可能です。ただし、Office 365 Enterpriseの中でも、Microsoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 ProPlus)のプランではYammerを利用することができません。

どのような企業がYammerを導入すべき?

どのような企業がYammerを導入すべき?
全ての企業がYammerを活用できるとはいえないでしょう。では、どのような企業がYammerを導入すべきなのでしょうか。

会社全体のコミュニケーション増加を考えている

Yammerの特徴は、会社全体でコミュニケーションを取れること。普段関わることない部署の様子を知れたり、コミュニケーションが図れたりと、関わることができます。

そのため、会社全体でコミュニケーションの増加を考えていないと、Yammerを使いこなすのは難しいでしょう。

Office 365を利用していてチャットツールの導入を考えている

社内でのやり取りとして、チャットツールの導入を考えている場合、すでにOffice 365を契約しているなら、Yammerもおすすめのツールの1つです。

チャットツールとして導入することも検討してみてください。

まとめ

今回は、Yammerの機能や使い方について、ご紹介しました。

気軽にコミュニケーションが取れるYammer。社内のつながりがよくなったり、風通しが良くなったりと、効果を感じられることも。コミュニケーションの増加を考えている場合は、ぜひYammerの利用も検討してみてください。

クラウドサービス契約管理を一本化

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?
The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。