パソコンの買い替え時期はいつ?安い時期や買い替えのタイミングを解説

2023/10/02 テレワーク

パソコンはいつ買い替えるべきなのか、そのタイミングに迷うのではないでしょうか。また、買い替えるなら安い時期に買い替えたいと思う方が多いはずです。

そこで、この記事では、パソコンの買い替え時期とパソコンが安い時期についてご紹介します。

パソコンの平均寿命

パソコンの平均寿命
パソコンは、ノートパソコンかデスクトップパソコンかで寿命が異なります。まずは、それぞれの寿命を見ていきましょう。

ノートパソコンの寿命

ノートパソコンは、3年経過を目処に、経年劣化が現れはじめます。だいたい、5年スパンで買い替えが多いとされています。ただし、使用頻度やメンテンナンスの有無によって寿命の長さが異なります。

デスクトップパソコンの寿命

HDDならおよそ5年、SSDを搭載している場合は10年以上持つと言われています。デスクトップパソコンは、ノートパソコンと比較して冷却がスムーズに行われます。そのため、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンのほうが、寿命が長い傾向にあります。

パソコンの各パーツにも寿命がある

パソコンのパーツにも、それぞれ寿命があります。パーツごとの寿命は下記の通りです。

  • バッテリー:約2年
  • HDD・SSD:約5年
  • メモリ:なし
  • キーボード:約5年
  • マザーボード:約5年
  • ディスプレイ:約5~10年
  • CD・DVDドライブ:約5年

パソコンの買い替え時期・安く買える時期は?

パソコンの買い替え時期・安く買える時期は?
では、どのタイミングでパソコンは買い替えるべきなのでしょうか。また、買うなら安い時期を狙いたいところ。ここでは、パソコンの買い替え時期と安く買える時期について解説します。

購入してから3~5年経っているなら買い替えの時期

パソコンは、完全に故障してしまうと、ローカルに保存したデータは復元できない可能性があります。そのため、故障してしまう前に買い替えることをおすすめします。法人パソコンであれば、購入から3~5年が買い替えの時期といえます。

OSのサポートが切れる場合も買い替えのタイミング

OSは、だいたいの方がWindows OSまたはMac OSを使っていることでしょう。OSにはバージョンがあります。OSはバージョンのサポート期間が終了してしまうと、セキュリティ更新プログラムが提供されず、ウイルス感染などのセキュリティリスクが高くなります。お手持ちのパソコンのOSのサポートが終了する場合も、買い替えの時期といえます。

パソコンを安く購入できる時期

パソコンは、が安くなる時期はいくつかあります。

1つ目は、モデルチェンジの直前です。新モデルが発表されると少しずつ現行モデルのパソコンが値下がりしていきます。新モデルが発表されたあとは、要チェックです。

そして2つ目が、年末年始や新生活の時期です。商戦時期であるため、12月~1月と3~4月に合わせて商品を開発して販売することが多いため、狙い目といわれています。

買い替えのタイミング!パソコンの症状

パソコンに故障のような症状が現れはじめた場合も、買い替えのタイミングです。ここでは、買い替えのタイミングであるパソコンの症状について解説します。

パソコンから異音がする

パソコンを使用中に「カラカラ」「カタカタ」と音がする場合は、パソコン内部に異常が発生している場合があります。ファンやHDDの動作がおかしくなっている可能性があるため、修理業者に見てもらうと安心です。

電源がつかない、充電ができない

電源ボタンを押しても起動しない場合や、充電ができない場合は、バッテリーの寿命が近い可能性があります。バッテリーの故障であれば、バッテリーの交換のみで改善が可能です。

電源の不具合は、マザーボードの故障を考えられます。マザーボードの故障が原因の場合は、買い替え時期となります。

焦げたような匂いがする

パソコン内部にほこりが溜まると、パソコンに熱がこもりやすくなります。パソコンが高温になると熱暴走が起こったり焦げたような匂いを発したりすることがあります。

パソコンから焦げたような匂いがする場合は、火災の原因となる可能性があります。とても危険なため電源を落とし、コンセントを抜くようにしましょう。焦げたにおいがする場合も買い替えを検討することをおすすめします。

パソコンを買い替える前にやっておきたいこと

パソコンを買い替える前にやっておきたいこと
パソコンを買い替える前に、いくつかやっておきたいことがあります。大事なデータを守るためでもあるため、確認しておきましょう。

データの整理

新しいパソコンに買い替える場合、データを移行することになります。データが多いと移行も大変なため、不要なデータは削除するなど、整理しておきましょう。

データのバックアップを取っておく

データのバックアップは必ず取っておきましょう。クラウドを利用してバックアップも可能ですが、外付けハードディスクにもバックアップを取っておくと安心です。クラウドのバックアップの失敗も考えて、二重にバックアップを取っておきましょう。

ログイン情報の引き継ぎ

自動ログイン機能や、ログイン情報の記憶機能などを使っていた場合、買い替えることで新たにログインし直さなければならない可能性もあります。ログインIDやパスワードをブラウザに保管している場合は、メモを取っておくことをおすすめします。

有料ソフトの引き継ぎ

有料ソフトを使用している場合、再度インストールが必要な場合があります。有料ソフトを利用する場合、ライセンス認証が求められることも多いため、ライセンスの確認もしておきましょう。

法人向けPCをお探しならハイパーのリユースパソコンがおすすめ!

法人向けパソコンの購入を検討しているなら、ハイパーのリユースパソコンがおすすめです。

リユースパソコンとは

リユースパソコンとは、レンタルやリースなどで使われたパソコンをメンテナンスして、再利用されたパソコンのことです。リユースパソコンは、中古パソコンとは異なり、一部の部品を交換することもあり比較的状態の良いパソコンが用意されていることもあります。

また、パソコンを再利用することから、資源を循環させて新しい端末の利用を減らすことができるとして企業のSDGsへの取り組みにつながります。

ハイパーのリユースパソコンは保証が充実!

これまでの中古パソコンは、「保証なし」「サポートなし」がほとんどでした。ハイパーのリユースパソコン「R∞PC」は、無期限の保証とサポートが付属。飲み物をこぼしてしまったなど、いかなる事故での故障にも対応が可能です。また、失くしてはいけない煩わしい保証書や、無償修理の制限は設けておりません。

リユースパソコンは、再生品のため細かなキズやへこみがございますが、その分お安くご購入いただけます。リース満了品など、まだまだ使えるパソコンを徹底的なクリーニングを実施。また、メモリの増設やストレージを新品に変更しているため、安心して利用できるスペックとなっております。

ハイパーのリユースパソコンの販売サービスはこちらから

ハイパーのリユースパソコンの販売サービスはこちらから
ハイパーのリユースパソコン

※本サービスは法人のみとなります
※在庫状況や納期については都度ご相談ください

まとめ

今回は、パソコンの買い替え時期について解説しました。

パソコンは、種類や使用頻度にもよりますが、購入してから3~5年経っているなら買い替えのタイミングといえます。特に、異音がする、電源がつかないなどといったトラブルがある場合は故障して使えなくなる可能性もあるため、すぐに買い替えをおすすめします。