Office365 E3利用に向いている企業は?機能で判断しよう

2020/11/27 Microsoft 365

Office 365では、大企業向けのEnterpriseというオプションが提供されています。Office 365 E3は、その中でも2番目に大きなプランです。

そこで今回は、Office 365 E3の機能と、利用に適した企業について解説します。

Office 365 Enterprise E3とは

Office 365 Enterprise E3とは
Office 365では、利用環境や人数に応じさまざまなプランが提供されています。Office 365 Enterprise E3がどのようなものなのか、概要や特徴について、まずは見ていきましょう。

Office 365のプランの1つ

Office 365では法人向けに『Business』と『Enterprise』という2つのオプションが提要されています。

この2つの違いは、一言で言ってしまえば企業規模です。最も大きな違いが、ユーザー人数の制限であり、Businessプランの上限が300人に対し、Enterpriseには制限がありません。

Enterpriseには、ProPlus・E1・E3・E5という4つのプランが用意されていて、その中でE3は真ん中のプランに該当します。

インストール利用できるサービスが豊富

Office 365 Enterprise E3では、利用できるサービスが充実しています。中でも、大人数が利用することができる機能が豊富です

1000人以上に配信できるブロードキャスト機能や社内SNS機能、管理についても詳細なオプションが用意されていて、管理の自動化なども行うことができます。

サポートについても、24時間体制で対応してくれる他、緊急性が高いものについては1時間以内の応答を確約しているなど、万が一の備えも万全です。

価格はいくら?

Office 365 Enterpriseの価格ですが、2019年12月時点では次の通りです。

  • ProPlus:1,300円/月(税別)
  • E1:870円/月(税別)
  • E3:2,170円/月(税別)
  • E5:3,810円/月(税別)

ProPlusには、ExcelやWordなどのアプリケーションが含まれていますが、SharePointやTeamsなどのOfficeサービスは利用できません。

一方で、E1ではExcelやWordなどのアプリケーションが含まれておらず、SharePointやTeamsなどのOfficeサービスのみ利用ができます。E1は社内管理サービスやOneDriveだけを利用したい企業向けのプランです。

Office 365 Enterprise E3以降の基本的なOffice機能の利用は、現状のところ2000円台からということになりますが、今後変更される可能性もあるため購入時や契約更新時に価格を確認するようにしてください。

E3の特徴

E3の特徴
Enterpriseが大人数向けのプランであることは解説したとおりですが、その中でE3が特にどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、E3の特徴を見ていきましょう。

ProPlusとE1の機能を利用可能

Office 365 のProPlusとE1は共に大企業向けのプランですが、ProPlusはOfficeアプリが豊富に利用できる代わりに、管理用のSNSやメールのホスティングが含まれません。

一方で、E1は前述したように、提携サービスは豊富な代わりにOfficeアプリが利用できないという特徴があります。E3プランの基本は、この両方のプランの機能を合わせたものです。

価格も、2019年2月時点での月額はProPlusが1300円、E1が870円、E3が2170円なので、E3の価格は前者2プランの合計額となっています。

容量無制限のストレージとメールアーカイブ

E3プランではアーカイブと訴訟ホールドが可能です。

アーカイブは既読メールをフォルダに表示させなくするための機能で、訴訟ホールドとは、万が一訴訟や裁判になり、メールの提出を証拠として求められた際に完全に削除してしまったメールでも保持してくれるという機能になります。

作業効率化とコンプライアンスの面から、2つとも法人運用にとって必要な機能と言えるでしょう。

また、サブスクリプションが5人以上の場合は容量無制限のオンラインストレージが利用できるのも特徴です。メールボックスの容量も100GBと豊富なので、メールがいっぱいになるといった問題も起こりにくいでしょう。

Microsoft 365がテレワークに向いている4つの理由

テレワークのようにオフィスから離れて仕事をすると、チーム内のコミュケーション不足や、セキュリティの不安などの課題があります。実はMicrosoft 365ではそれらの課題を解決してくれる事はご存知ですか?
Microsoft 365が持つテレワーク実施時に絶大な効果を発揮する機能を紹介させて頂きます。

コミュニケーションツール「Teams」がそなわっている


Microsoft 365には、コミュニケーションツールであるTeamsが付属しています。
Teamsは、社内でのコミュニケーションを活性化するためのビジネスチャットはもちろん、Web会議も可能です。社内でのちょっとしたやり取りから、ミーティングまでオンラインでできます。

高度なセキュリティ機能

Microsoft 365には、マルウェア対策機能、資格情報の保護、行動分析に基づく脅威の検知、ファイル・メールの閲覧や操作を保護する情報漏えい対策機能など、高度なセキュリティがそなわっています。また、常に最新状態で利用できるため、安心してオフィス外でも利用できます。

ファイルやデータの共有が楽に


Microsoft 365には、オンラインストレージサービスのOneDriveやSharePointを利用してすぐに情報共有ができます。Officeドキュメントで作成した資料をすぐにチームに共有できますし、共同で編集することも可能です。オンラインストレージは容量も大きいので、大量のデータも格納できます。

複数のデバイスで利用できる

Microsoft 365はビジネス版の場合、1ライセンスにつき、パソコン5台・スマートフォン5台・タブレット5台までインストールすることが可能です。スマートフォンやタブレットを利用して資料を確認したいときにも、利用することができます。
テレワークが導入されたことにより、デスクトップパソコンからノートパソコンを利用する場合もスムーズに移行することが可能です。

まずはテレワーク導入チェックリストをご活用ください!

今回ご紹介したMicrosoft365以外にもどんなツールを導入すべきなのか?何が必要なのか?自社にあったツールや重要なポイントをセルフチェックできるチェックリストをご用意しました。
ぜひ、テレワーク導入を検討している際にはテレワーク導入チェックリストをご活用頂きまして最新のツールや導入の失敗を回避する知識をつけて頂ければ幸いです。

Intune、Azure AD Premiumとの関係性

Office 365にはOfficeアプリ以外の拡張機能が追加されていますが、機能の一部は別のサービスを借りている形を取っています。

本人確認のために複数の認証を行う必要がある多要素認証はAzure Active Directory Premiumから借りていて、セキュリティ面での補填をしている形です。

Intuneが提供しているのは、次のような機能です。

  • デバイスセキュリティポリシー
  • セレクティブワイプ
  • Office 365への条件付きアクセス

このように、Office 365は他の管理機関やセキュリティ機能を駆使し、高性能なパフォーマンスを実現しています。

 

E3の特徴についてはこちらでも紹介しています。

2020/11/27
Office 365(現Microsoft 365)には、さまざまなプランが用意されています。中でも、E3プランは大企業・大人数向けのプランです。 この記事では、E3プランに...
続きを読む

E3で利用できるおすすめの機能

E3で利用可能なオススメ機能
E3プランだからこそ利用できる便利な機能が豊富にありますので、その中で代表的な機能を紹介します。

Flowでワークフローの自動化

通知の受信、ファイルの同期、データの収集など、毎日反復しなければならない業務作業には、複数のアプリやサービスを利用する必要があり、非常に手間がかかります。

Microsoft Flowは、そのようなアプリやサービスを自動化することのできるアプリです。営業チームの連携用、外出先での情報把握用など、用途別にテンプレートが用意されていて、それに沿って自動化を行うことができます。

PowerAppsでアプリ開発

PowerAppsは、ビジネスに必要なアプリケーションを作成するためのツールです。

Microsoftでは、ビジネス用に様々なツールが配信されていますが、個別製品のコードの確認工程や契約締結までの工程といった、業務に合わせてより細分化したツールが必要になってくる場合があるでしょう。

そのような場合、PowerAppsを利用してそれに合わせたアプリを作成することができます。Excel関数を利用して簡単に行えるので、専門的なプログラミング機能は必要ありません。

セキュリティとコンプライアンスのツール

Microsoft社のセキュリティやコンプライアンスはどのアプリも総じて高いのが特徴です。

コンプライアンスツールに関しては先ほども紹介しましたが、訴訟ホールドによって企業のコンプライアンスを守ると同時に、Exchange、Skype for Businessなど複数のメールボックスに跨がって検索できるのも良い点でしょう。

また、セキュリティについても5層にも渡る厳重なセキュリティと監視によって、データの安全を保証しています。

Office 365 E5との比較

Office 365 Enterprise E5との比較
最後に、Enterpriseプランの中でE3より1つ上のグレードのE5の機能と比較していきましょう。導入するときの参考にしてみてください。

E5はMyAnalyticsとPower BI Proを利用可能

E5では『MyAnalytics』と『Power BI Pro』という2つのツールが利用できます。それぞれの機能について見ていきましょう。

MyAnalyticsは、生産性を分析するためのツールです。業務時間をどのような形で利用しているのかを追跡して分析し、コストパフォーマンスを診断してくれます。業務効率化を図る機能です。

Power BI Proは、データをグラフなどでビジュアル化してくれるツールで、数字が把握しやすくなります。会議等でのプレゼンに利用できるでしょう。

E5の方がセキュリティレベルが高い

E5にはWindows Defenderや自動追跡機能など、E3と比較してもより高度なセキュリティレベルが備わっています。

外からのサーバー攻撃だけでなく、子会社のサーバーを仲介するような高度な犯罪も行われるようになってきているため、中小企業でもE5を導入するケースが増えているようです。

まとめ

Office 365 Enterprise E3は大企業向けのプランで、無制限のユーザー数と、多くの人が利用できる管理ツールやコミュニケーションツールが多く利用可能です。セキュリティ面に関しても非常に高度な警戒が布かれ、データを保護しています。

法人で運用を考えるのであれば、Office 365 Enterprise E3からの検討をはじめてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。