大企業向けのMicrosoft 365(旧Office 365)プラン!Enterpriseとは?

2020/11/27 Microsoft 365

Microsoft 365(旧Office 365)のビジネスプランには、いくつか種類があります。

例えば、一般法人向けのプランである、Microsoft 365 Apps for business(旧Office 365 Business)、Microsoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)などです。また、大企業向けであるEnterpriseというプランも存在します。

今回は、大企業向けのプランであるEnterpriseについて詳しく見ていきましょう。Enterpriseの契約を検討している方はぜひ、お役立てください。

※Office 365は4月22日からMicrosoft 365に名称を変更されました。
プラン名も一部変更されていますが、内容に変更はありません。

Office 365 Enterpriseとは

Office 365 Enterpriseとは
Enterpriseとは、Microsoft 365(旧Office 365)の大企業向けの法人プランのことを指します。

一般法人(中小企業)向けのプランも用意されていますが、一般法人向けはユーザー登録が300人までと、契約できる人数に制限があります。そのため、300人以上の契約を検討している場合は、一般法人向けのプランを利用することができません。

一方で、Enterpriseはユーザーの登録制限がなく、300人以上抱える企業でもMicrosoft 365(旧Office 365)を利用することができます

Enterpriseのプラン内容

Office 365 Enterpriseのプラン内容
Enterpriseのプランには、いくつか種類があります。ここでは、Enterpriseのプランの種類と内容について見ていきましょう。

Microsoft 365 Apps for enterprise(旧Office 365 ProPlus)

Officeの基本的なアプリケーションと、クラウドストレージサービスであるOneDriveのみが利用できるプランです。コミュニケーションツールなど、他のサービスを利用することはできません。

コミュニケーションツールが不要で、基本的なアプリケーションとストレージサービスのみの利用を考えている企業におすすめのプランです。

【1ユーザーにつき月額1,300円※税抜】
利用できるOfficeアプリケーション:Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Access(Windows PCのみ)、Publisher (Windows PC のみ)

利用できるOfficeサービス:OneDrive(1TBまで)

Office 365 E1

メール機能やOneDrive、オンライン会議ができるTeamsなどが含まれているプランです。Office Onlineは利用できますが、Officeアプリケーション(デスクトップ版Office)は利用できません。

Officeアプリケーションは不要で、コミュニケーションツールだけを導入したいと考えている企業におすすめのプランです。

【1ユーザーにつき月額870円※税抜】
利用できるOfficeアプリケーション:なし

利用できるOfficeサービス:Exchange、OneDrive(1TBまで)、SharePoint、Teams、Yammer、Stream

Office 365 E3

E3のプランでは、Officeのアプリケーションとサービスを両方利用することができます。ProPlus とE1のプラン内容が両方利用できて、さらにコンプライアンスツールが加わったプランです。

基本的なOfficeアプリケーションとサービスが必要という企業は、このプランが良いでしょう。

【1ユーザーにつき月額2,170円※税抜】
利用できるOfficeアプリケーション:Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Access(Windows PCのみ)、Publisher (Windows PC のみ)

利用できるOfficeサービス:Exchange、OneDrive、SharePoint、Teams、Yammer、Stream

Office 365 E5

E5のプランは、E3で利用できるサービスに加えて、さらに高度なセキュリティとBIツールであるPower BIが備わっています。Officeのアプリケーション、サービスはもちろん、さらに高度なセキュリティを求めている場合は、E5プランがおすすめです。また、BIツールが必要という企業にもおすすめのプランです。

【1ユーザーにつき月額3,810円※税抜】
利用できるOfficeアプリケーション:Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Access(Windows PCのみ)、Publisher (Windows PC のみ)

利用できるOfficeサービス:Exchange、OneDrive、SharePoint、Teams、Yammer、Stream、Power BI

Microsoft 365がテレワークに向いている4つの理由

テレワークのようにオフィスから離れて仕事をすると、チーム内のコミュケーション不足や、セキュリティの不安などの課題があります。実はMicrosoft 365ではそれらの課題を解決してくれる事はご存知ですか?
Microsoft 365が持つテレワーク実施時に絶大な効果を発揮する機能を紹介させて頂きます。

コミュニケーションツール「Teams」がそなわっている


Microsoft 365には、コミュニケーションツールであるTeamsが付属しています。
Teamsは、社内でのコミュニケーションを活性化するためのビジネスチャットはもちろん、Web会議も可能です。社内でのちょっとしたやり取りから、ミーティングまでオンラインでできます。

高度なセキュリティ機能

Microsoft 365には、マルウェア対策機能、資格情報の保護、行動分析に基づく脅威の検知、ファイル・メールの閲覧や操作を保護する情報漏えい対策機能など、高度なセキュリティがそなわっています。また、常に最新状態で利用できるため、安心してオフィス外でも利用できます。

ファイルやデータの共有が楽に


Microsoft 365には、オンラインストレージサービスのOneDriveやSharePointを利用してすぐに情報共有ができます。Officeドキュメントで作成した資料をすぐにチームに共有できますし、共同で編集することも可能です。オンラインストレージは容量も大きいので、大量のデータも格納できます。

複数のデバイスで利用できる

Microsoft 365はビジネス版の場合、1ライセンスにつき、パソコン5台・スマートフォン5台・タブレット5台までインストールすることが可能です。スマートフォンやタブレットを利用して資料を確認したいときにも、利用することができます。
テレワークが導入されたことにより、デスクトップパソコンからノートパソコンを利用する場合もスムーズに移行することが可能です。

まずはテレワーク導入チェックリストをご活用ください!

今回ご紹介したMicrosoft365以外にもどんなツールを導入すべきなのか?何が必要なのか?自社にあったツールや重要なポイントをセルフチェックできるチェックリストをご用意しました。
ぜひ、テレワーク導入を検討している際にはテレワーク導入チェックリストをご活用頂きまして最新のツールや導入の失敗を回避する知識をつけて頂ければ幸いです。

Enterpriseプランを利用すべき企業

Office 365 Enterpriseを利用すべき企業

従業員を300人以上抱えている

ユーザー登録を300人以上分行う場合は、Enterpriseのプランを利用する必要があります。従業員を300人以上も抱えている場合は、Enterpriseのプランであることを覚えておきましょう。

高セキュリティなサービスを求めている

Enterpriseは、300人以上の従業員を抱える大企業向けのプランではありますが、ユーザー数に下限はありません。

そのため、300人以上いなければ利用できないなんてことないのです。

Enterpriseは、高度なセキュリティが備わっています。例えば、文書の暗号化やアクセス制限などが可能です。そのため、文書の情報漏えい防止、安全性の強化が必要であれば、Enterpriseのプラン契約が適しているといえるでしょう。

300人以下であっても業務上、高度なセキュリティが必要な場合は、Enterpriseプランの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、今後従業員が300人以上に増えると見越している場合も、BusinessプランではなくEnterpriseプランを契約したほうが賢明といえます。

まとめ

今回は、Microsoft 365のEnterpriseプランについてご紹介しました。

Enterpriseは、大企業向けのMicrosoft 365(旧Office 365)のプランで、300人以上の従業員を抱えている企業に適しています。

300人以上の従業員でMicrosoft 365を利用する場合は、Enterpriseプランがおすすめです。ただし、必ずしも300人以上契約しなければいけないわけではありません。300人未満の中小企業でも、Enterpriseプランを利用したほうがいいケースもあります。高度なセキュリティを求めている場合などは、300人未満でもEnterpriseプランを検討したほうがいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。