法人向けのDropbox Businessでは何ができる?特徴についてまとめ

2020/03/16 Dropbox

オンラインストレージを代表するDropbox(ドロップボックス)。

Dropboxには大きく分けて個人向けと法人向けの2つのプランがありますが、法人向けとして用意されているのがDropbox Businessです。

Dropbox Businessは、パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスのデータを1カ所で管理できたり、古いファイルの復元ができたり、そのほかビジネスに特化した特有の機能があります。より安全に業務効率化を図ることができる法人向けのプランです。

そこで今回は、法人向けであるDropbox Businessについて特徴などを詳しくまとめてご紹介します。

法人向けのDropbox Businessとは

法人向けのDropbox Businessとは
一般的に企業のデータの保管場所は、社内用ファイルサーバーの利用が多いでしょう。

ファイルサーバーを所有している企業は、ファイルサーバーの管理者を雇わなければなりません。ファイルサーバーを管理する人を雇うためには求人募集をしなければなりませんし、さまざまなコスト、時間を必要とします。

しかし、Dropbox Businessはサーバーを管理する専門の人材は必要ありません。

さらに、Dropbox Businessは会社のあらゆるデータを1カ所に格納することができるので、今まで数カ所にデータを保存していた場合は、1つにまとめることができるメリットがあります

データの管理に割いていた時間をチームの作業効率につなげ、その時間をアイデアの時間などに費やすことが可能です。

Dropbox Businessの特徴

Dropbox Businessの特徴

管理コンソール

Dropbox Businessでは、「管理コンソール」で管理者を設定できます。異動や入退社に伴う新メンバーの追加や、削除を簡単に行うことが可能です。

管理者コンソールに寄って管理者権限を得た人は、登録中のメンバー数やデバイス数などアカウント情報が確認できるダッシュボードや、閲覧や編集などメンバーが行った操作の確認もできます。

なお、管理コンソールは管理者のみが利用できる機能なので、一般のメンバーは利用することができません。

管理者権限

データを共有しているメンバーには、それぞれ権限が設定できます。
権限は、閲覧者・編集者・所有者の3つの権限から選択できるので、社内間はもちろん取引先ともスムーズにフォルダやファイルのデータを共有することができるのです。

データの共有がスムーズ

Dropbox Businessは、社内外問わずグループ内のデータを1つのフォルダで共有することができます。

例えば、容量の多いデータのすり合わせが何度もおこなわれる場合、くり返し添付メールを送信し続ける必要がありません。
プレビュー機能があるので、Dropboxを利用していないユーザーでもデータの中身を確認することができ、スムーズなやり取りが可能です。

Dropbox Businessのプラン

Dropbox Businessのプランは、3つあります。それぞれ企業の規模や必要としている機能から選ぶことができます。

Dropbox Business Standard

Standardプランは、少人数の中小企業向けで、1グループにつき3TB(3,072 GB)まで利用できるプランです。Dropbox Businessの中で、唯一ストレージ容量に制限があります。
データが変更されるたびに保存され、120日間バージョン履歴を確認することが可能です。

Dropbox Business Advanced

Advancedプランは、企業やグループが必要としている容量を追加することができるプランです。

Standardプランのすべての機能が利用できるのはもちろん、IDとパスワードが1つあればいくつかのWebサービスやアプリケーションにログインできる「シングルサインオン」を利用することができます。

また、ファイルや画像など共有したいデータが複雑化している場合、ひと目で分かるようにデータが1本化できる「Dropbox Showcase」という機能もあります。
作業効率を図れる上、視覚的でアイデアを相手に分かりやすく伝えることが可能です。

Dropbox Business Enterprise

大手企業向けで、StandardプランとAdvancedプランのどちらの機能も持ち合わせた上、さらに独自の機能を利用することができます。

もともとStandardプランやAdvancedプランを利用していて、「会社の規模が大きくなった」「もっと幅広くDropboxをしたい」という企業でも、Enterpriseプランに移行することが可能です。

基本的な機能は同じで、今まで他のプランを利用していたユーザーはスムーズに機能を追加することができます。

他のプランとの大きな違いは「マルチチーム管理機能」です。

複数の管理者が存在する場合、IT関連の部署に管理機能を付与できます。管理機能を取得したIT関連の部署はすべてのグループにアクセスができ、各グループのアクティビティの確認が可能になるので管理が楽になるでしょう。

複数のグループを管理する場合は、ログアウトやログインをする必要なく、アカウントの切り替えが簡単にできます。

個人向けのDropboxと法人向けのDropboxの違いは?

個人向けのDropboxと法人向けのDropboxの違いは?
Dropbox は無料の個人向けプランでも便利な機能がありますが、有料のDropbox Businessプランはさらに大きい容量のデータを機能的にかつ安全に格納できます。

料金

Dropbox businessには3つの料金体系があります。

企業の規模や、セキュリティ面で各企業に合ったものを選べます。

法人向けDropboxの料金プラン 月額料金/1ユーザー毎 年額料金/1ユーザー毎
Standard 1,500円 15,000円
Advanced 2,400円 24,000円
Enterprise 要問い合せ 要問い合わせ

セキュリティ

最近ではインターネットの普及によって、企業の情報漏えいの事件が多発しています。これは企業の規模を問わず発生する問題です。そのため、Dropboxのセキュリティ面が心配になる方もいるかもしれません。

Dropboxは個人、法人に関わらずセキュリティ面では徹底した体制が整っています。

特に、法人向けのDropbox Businessはあらゆる業種の企業でもセキュリティが保たれるために高度な対策がされています

例えば、Dropboxのデータは「暗号化」されるようになっています。暗号化することでデータが盗まれた際も解読不能にするシステムです。

256 ビットというレベルの高い性能なので、暗号を読解することは困難でしょう。さらに、IDとパスワードの入力に加えてセキュリティコードの入力する2段階認証があります。

Dropbox Businessは、個人向けよりさらにハードルの高いセキュリティ対策がされています。

国際規格「ISO( 国際標準化機構)27001」認証を取得しています。認証されるにはあらゆる条件をクリアする必要があるので、認証されたことでより安全ということが認識されます。

ストレージ容量

会社の抱えているデータ量や予算によって容量を選ぶことができます。

  • Dropbox Busines Standard:3TBまで(1グループにつき)
  • Dropbox Busines Advanced、Dropbox Busines Enterprise:必要なだけ利用可能

Dropbox Businessは30日間トライアルが可能

Dropbox Businessは30日間トライアルが可能
Dropbox Businessは、無料で30日間のトライアルを体験することができます

トライアル中はStandardプラン、Advancedプランのどちらかのプランを選ぶことができ、全機能を使うことが可能です。

Enterpriseプランは、問い合わせが必要でフォーマットに記入して送信ボタンを押すだけ。あとは、Dropbox Businessの担当者から折り返しの連絡を待つのみです。

なお、トライアル版の有効期限が切れてしまうと使用しているグループ全員のアカウントがロックされ、正式にプランに加入するまでアクセスが制御されますのでお気をつけください。

個人向けのDropboxに比べて、企業で利用するDropbox Businessは企業全体に影響があるものなので導入するということになると大変なものです。

利用する前にトライアル版でテスト運用して、機能面や使用感を確認してみるのも良いかもしれません。

まとめ

Dropbox Businessは、Dropboxの法人向けのプランです。

個人向けに比べて機能も多く、あらゆる立場の人が使用しても問題ないよう権限が設定されている上、厳重なセキュリティ対策もされています。

現在、社内のデータ管理でお悩みの担当者はDropbox Businessをトライアル版で検討してみるのはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。