Zoomは会議前に接続テストできる?Zoomのテストミーティングのやり方

2022/11/07 テレワーク

オンライン会議の際、マイクトラブルや映像トラブル、ネットワークトラブルなどでなかなか会議ルームに入れない…という経験をしている方も多いでしょう。

そのため、Zoomでオンライン会議を行う際、事前にテストをしたいと思うかもしれません。

そこで今回は、Zoomの接続テスト方法について解説します。

Zoomは会議前に接続テストできる?

Zoomは会議前に接続テストできる?

Zoomは会議前にテストできるのでしょうか。よくあるトラブルと一緒に解説します。

Web会議のよくあるトラブル

マイクやカメラがつながっていなかったり、インターネット環境が悪く、参加できなったりといったトラブルがよく挙げられます。特に多いのが、カメラやマイク、スピーカーの接続トラブルです。だらこそ、事前にテストして確認しておきたいものではないでしょうか。

Zoomはテストミーティングができる

Zoomは、テストミーティングができます。会議を行う前に、カメラの調整や音声の調整など、会議を行う前に確認することが可能です。テストミーティングの機能は、1人できるため、安心してテストできます。

テストをする前に対応OSや端末の確認をしておこう

対応OSや端末ではない場合は、テストしてもうまく動かない可能性があります。対応OSやブラウザを事前に確認しておきましょう。

【対応OS】
・macOS X と macOS X (10.10) 以降
・Windows 11(バージョン5.9.0 以降)
・Windows 10(Sサポートモードは不可)
・Windows 8 または 8.1
・Windows 7
・Ubuntu 12.04 以降
・Mint 17.1 以降
・Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降
・Oracle Linux 6.4 以降
・CentOS 6.4 以降
・Fedora 21 以降
・OpenSUSE 13.2 以降
・ArchLinux(64 ビットのみ)

【対応ブラウザ】
・Windows:Edge 12+、Firefox 27+、Chrome 30+
・macOS:Safari 7+、Firefox 27+、Chrome 30+
・Linux: Firefox 27+、Chrome 30+

Zoomのテストミーティングのやり方

Zoomのテストミーティングのやり方

ここでは、Zoomのテストミーティングの手順を解説します。

1.専用ページへアクセスする

まずは、テスト用のページ(https://zoom.us/test)へアクセスします。

2.参加をクリックする

ページを開いたら、参加ボタンのあるページが出てきます。そのベージにある参加ボタンをクリックすると、ブラウザからミーティングに参加するためにリダイレクトされます。

3.「Zoom Meetingsを開く」をクリックする

「参加する」を押すと、ダイアログボックスの「Zoom Meetingsを開く」が開きます。

Zoomクライアントがコンピューターにインストールされている場合は、「Zoom Meetingsを開く」を押して、Zoomを起動します。

インストールされていない場合は、アプリをダウンロードすることになります。そのままZoomをダウンロードして実行をクリックし、ダウンロードを実施しましょう。ダウンロード実施後は、「Zoom Meetingsを開く」を押して、起動します。

4.テスト開始

Zoomのテストミーティングが起動したら、テストを開始していきます。

まずは映像テストから

Zoomのテストミーティングが起動したら、まずはビデオプレビューが表示されます。Webカメラがきちんと起動しているか確認しましょう。自分が映らない場合は、カメラ機能がオフ担っている可能性があります。画面下のツールバーにあるカメラのアイコンに斜線が入っている場合は、クリックしてカメラをオンにしましょう。このときにバーチャル背景の設定も可能です。

音声のテスト

映像のテストが終わったら、次は音声のテストになります。Zoomのアプリから音声が流れるため、きちんと聞こえるかどうかチェックしましょう。音声が聞こえない場合は、音量を調節したり、出力スピーカーを切り替えたりすることをおすすめします。

マイクのテスト

音声テストの次は、マイクとのテストです。テストミーティングは1人で行うため、自分の声を録音し、再生して確認します。何からの言葉を発して、同じようにリピート再生が行われれば、マイクのテストは無事に完了です。

もし、音声が返って来ない場合は、入力レベルを上げたりマイクを切り替えたりするようにしましょう。

映像・音声・マイクのテストが終わったら、画面の右下にある退出ボタンを押せば、テストは終了です。

スマホやタブレットでもテストミーティングできる?

Zoomはスマホからでも利用できます。スマホから会議を行う場合も、音声や映像トラブルが起こる可能性があるため、事前にテストしておきたいものです。テストミーティングは、スマホからでも実施できます。

スマホからテストミーティングをする方法

事前準備

アプリを事前にインストールしておく必要があります。アプリを入れていない方は、事前にインストールしておきましょう。また、対応端末やOSもチェックしておくと安心です。

【スマホ対応端末】
・iOSデバイス
・Androidデバイス
・Win 8.1 以降の Surface PRO 2 以降
・Windows10

【スマホ対応OS】
・iOS 8.0 以降:
フロントまたはリアカメラを使用したビデオの送受信
iPhone 4 以降、iPad Pro、iPad Mini、iPad 2 以降、iPod touch 第 4 世代、iPhone 3GS(フロントカメラなし)
iPadOS 13 以降
Android 5.0x 以降

【対応ブラウザ】
iOS/iPadOS: Safari5+、Chrome
Android: Webkit(デフォルト)、Chrome

1.専用ページへアクセス

テスト用のページ(https://zoom.us/test)へアクセスします。

2.参加をクリックする

ページ内にある参加ボタンをクリックして、テストミーティングを開始します。アプリをインストールしている場合は、そのままミーティングの起動を選択しましょう。この時点で、アプリをインストールしていない場合は、ダウンロードをします。

4.テスト開始

パソコンと同様に、テストは映像からマイク、スピーカーのテストの順番で行います。映像や音声にトラブルがなければ、そのまま退出すればテスト完了です。

トラブルがあった場合は、オフボタンが押されていないかチェックしましょう。

はじめてスマホからZoomを利用する場合は、カメラやマイク、オーディオの使用許可を促すポップアップがでてきます。許可しないとカメラや音声が利用できなくなってしまうため、必ず許可するようにしましょう。

有料プランのZoomを使うならHYPER VoiCEへご相談ください

有料プランのZoomを使うならHYPER VoiCEへご相談ください

Zoomは無料で使うこともできますが、有料プランもあります。有料プランは、グループミーティングの時間制限がなかったり、録画をクラウド保存できたりといったメリットがあります。

Zoomの有料プランの契約については、HYPER VoiCeであれば電話サポートあり・なしの2パターンからお選びいただくことが可能です。Zoomの有料プランの契約をお考えの方はぜひご相談ください。

Zoomを1ライセンスから取得するならこちらから【HYPER VOiCE】Zoomプロラインセンス1本から!Zoomプランと価格

まとめ

今回は、Zoomのテストミーティングについて解説しました。

大事なオンライン会議の前に、テストをして動作をチェックしておきたいという方も多いのではないでしょうか。Zoomであれば、事前にテストミーティングを行うことができます。1人で専用のページでのテスト実施となるため、安心して利用可能です。

ミーティングのURLを開いたら、トラブルが起こりやすいという方は特にテストしておくと安心でしょう。