営業活動をサポート!営業活動を効率化するために導入しておきたいツール

2023/05/12 業務効率化

企業リスク診断

営業活動を最大化するには、ツールを活用するのがおすすめです。この記事では、営業活動をサポートしてくれるツールについてご紹介します。

営業活動はツールを使って効率化しよう

営業ツール
営業活動はツールを使うことでさまざまなメリットがあります。

生産性の向上や効率アップにつながる

ツールを使うことで、煩雑な業務や手作業の作業量を減らすことができます。また、タスクや業務の管理がしやすくなるため、業務の効率が向上します。

情報共有がスムーズにできる

顧客情報や商談履歴、見込み顧客の管理などを行うことで、営業活動の情報管理が改善されます。これにより、顧客とのコミュニケーションがスムーズになり、より効果的な営業活動ができるようになります。

顧客満足度の向上

ツールを使うことで、顧客とのコミュニケーションがよりスムーズになります。顧客からの問い合わせに素早く対応したり、顧客の嗜好や行動を分析して、より適切なアプローチができるようになります。これにより、顧客満足度が向上する可能性が高くなります。

チームコラボレーションの促進

ビジネスチャットツールやプロジェクト管理ツールを使うことで、チーム内での情報共有やコラボレーションが促進されます。これにより、チーム全体での効率的な業務遂行が可能となります。

営業活動を支援してくれるツール

Excelや販売管理システムなどで顧客情報を管理していると、共有漏れが起こるリスクも考えられます。また、手入力で情報を入力するのが負担になっていることもあるでしょう。そこでおすすめなのが、営業支援ツール(SFA)です。営業支援ツールは、営業活動における情報をすべてデータ化し、蓄積や共有、分析を行うことができます。営業課題の解決を図るためにも重宝されているツールです。

クラウド営業支援ツール「Senses」

Sensesは、顧客情報や営業活動に関する情報を一元で管理ができるツールです。情報は、チーム内だけではなく、上層部とも共有することができます。営業プロセスごとに進捗が可視化されているため、課題の発見も可能です。また、AIが搭載されていて、営業案件のリスク分析や類似案件をアドバイスしてくれます。

約98%という高い利用継続率からもわかるように、Sensesは操作が簡単なので使いやすいツールです。

営業のコミュニケーションを活性化させるツール

コミュニケーションツール
商談や打ち合わせは、オンラインでの実施もおすすめです。オンラインで行うことで、オフィスや自宅から移動せずに会議に参加できます。訪問を行う際に必要としていた移動時間を有効活用することが可能です。また、テキストでのやり取りは、メールよりもチャットのほうが早く、効率化を図ることが可能です。

営業活動でも、オンラインコミュニケーションツールはとても重要だということがわかります。

誰でも使いやすい「Zoom」

Zoomは、Web会議ツールです。打ち合わせだけではなく、オンライン商談でも利用することができます。Zoomは、発行された会議URLを相手に送るだけで、参加することが可能です。難しい操作が不要であることから、誰でも利用することができます。オンライン商談が初めてという方でも使いやすいツールです。

Microsoftを使っているなら「Teams」もおすすめ

Teamsは、Microsoftが提供しているコラボレーションツールです。チャット機能やビデオ会議機能、ドキュメント共有機能カレンダー機能などさまざまな機能が備わっています。

ドキュメント共有はWordやExcelといったMicrosoft Officeのアプリケーションに対応しています。営業チーム内でのコミュニケーションはもちろん、資料やデータなども共有することができ、営業活動に役立ちます。

国内利用者が多いビジネスチャット「ChatWork」

チャットワークは、日本の企業が提供しているビジネスチャットツールです。名前の通りチャットがメインのツールで、1対1でのチャットはもちろん、複数人が参加できるグループチャットを作成することができます。案件ごとにグループチャットを作成し、参加しているチームメンバーを入れることでスムーズなやり取りが可能です。

それだけではなく、Web会議システムのZoomと連携しているので、ChatWorkからダイレクトにZoomへアクセスすることができます。また、Zoomの通知もChatWorkから行えるので、作業の効率化につながります。

商談や会議のスケジュールを管理するツール

Google カレンダーやOutlookなどのカレンダーアプリでスケジュールを管理しているという方も多いのではないでしょうか。商談や外部の方との打ち合わせが増えると、スケジュール調整が必要になってきます。それだけではなく、オンライン会議であればURLの発行やリマインドなど行う必要があり、ミーティングを設定するのに時間を要します。

こうしたミーティングの調整にかかる時間を減らせるツールがあります。

日程調整が簡単にできる「調整アポ」

調整アポは、相手に自身のスケジュールURLを送り、受け取った相手が空いている時間を選ぶことで自動的に打ち合わせや商談などのスケジュールが登録される仕組みになっています。

スケジュールを自動的に調整してくれるだけではなく、Web会議のURLの自動生成や、当日のリマインドメールの設定も行うことができます。

ハイパーの「調整アポ」導入事例はこちらから

名刺を管理できるツール

管理
名刺は、専用のツールで管理するのがおすすめです。名刺を紙のまま保存しておくと、整理や探すのが大変です。名刺管理ツールは、スキャンしてデータとして取り込むだけで、一元管理ができます。名刺を探す際も、楽になります。

また、名刺の読み込みは、オフィス以外の場所でも可能です。スマホがあれば読み込むことができるルーツもあるので、一度オフィスに戻ってデータ化させるという手間が減ります。

名刺のデータ化ができる「Sansan」

名刺管理サービスで多くのシェアを占めている「Sansan」。名刺だけではなく、あらゆる顧客情報を管理することができるツールです。スキャンされた名刺のデータに、メモや打ち合わせの議事録などを紐づけることができます。過去のやり取りを他の社員も閲覧できるので、最適なコミュニケーションや提案を考えることが可能です。スマートフォンアプリもあるので、外出先でも名刺をチェックしたりスキャンしてデータ化したりすることができます。

必要な顧客リストの作成もしてくれるので、名刺管理に困っているなら「Sansan」がおすすめです。

まとめ

今回は、営業活動をサポートしてくれるツールをご紹介しました。

顧客情報を管理できるルーツや、コミュニケーションツール、スケジュール管理ができるツールなどは、営業活動を最大化させるためにはとても重要なツールだといえます。

特にスケジュール調整やコミュニケーションに時間を割かれているという方も多いかと思います。ツールを活用し、ぜひ作業を効率化してください。

ハイパーでは法人向けクラウドサービスの導入支援を行っています!

今回、ご紹介した「Zoom」「ChatWork」「調整アポ」は、ハイパーで導入支援を行っております。他にも業務を効率化できるツールを取り扱っております。お客さまに合ったサービスのご紹介やご提案をいたします。気になる方は、ぜひご相談ください。

ハイパーのクラウドサービス支援についてはこちらから
ハイパーのクラウドサービスの導入支援

セキュアプラクティス