リモートで社内イベントをやろう!オンラインでできる社内イベント

2022/02/21 テレワーク

WEB会議ツールを利用して、オンラインで社内イベントを実施する企業が増えてきています。感染症対策で人を集めてイベントが難しくなったことから、オンラインでの実施が増えてきたようです。リモートでのイベント実施は、感染症対策だけではなく、さまざまなメリットがあります。

そこで今回は、オンラインできる社内イベントをご紹介します。

オンラインで社内イベントをやるメリット

オンラインで社内イベントをやるメリット
社内イベントは対面式(オフライン)でしかできないのでは?と思うかもしれません。実はオンラインでも、イベントを実施することができ、さまざまなメリットがあります。ここでは、オンラインで社内イベントをやるメリットをご紹介します。

コミュニケーションの活性化

在宅勤務を中心として業務を行っている場合、コミュニケーションが不足しがちに。

ミーティングや会議とは違ったイベントを行うことで、よりコミュニケーションの活性化につながります。チームとしての意識が上がり、モチベーションにつながることもあるでしょう。

オフラインのイベントよりもコストを抑えられる可能性がある

社内でイベントをやる際、オフラインなら会場を抑えることもあるでしょう。会場費にお金がかかります。オンラインは、自宅やオフィスから参加するため、会場を用意することがありません。その分のコストを抑えることができます。

イベントに参加しやすい

お子さんがいて、飲み会には参加できないなどといった事情を抱えている社員もいるはずです。そのため、これまで対面式のイベントに参加できなかった方もいるでしょう。オンラインであれば、移動時間がなくなるため、対面式よりも短時間で済みます。短時間で済むことや自宅から参加できることで、参加者の負担が減り、参加のハードルを下げられるでしょう。

遠方からも参加できる

リモートで行うため、会場に集まる必要はありません。自宅やオフィス、サテライトオフィスからも参加することができます。遠方に住む社員も、会場に行く必要がなくなるため、参加しやすくなるでしょう。別支店の社員との交流にもオンライン社内イベントは活用することができます。

リモート会議に慣れるきっかけになる

オンラインでの社内イベント実施による効果は、コミュニケーションの活性化だけではなりません。ツールに使い慣れるきっかけにもなります。社内イベントには、新卒の方や、リモートに慣れていない方が参加するケースもあるでしょう。ツールの使い方や使い勝手などが把握しやすくなります。イベントをきっかけに、WEB会議ツールを使い慣れてもらうこともできるでしょう。

オンライン社内イベントをやる際の注意点とコツ

オンライン社内イベントをやる際の注意点とコツ
オンラインで社内イベントをやる際、いくつか注意点があります。

強制参加にはしない

コミュニケーションを図ることを目的としている場合、強制参加としないようにしましょう。

スケジュールを確認する

どこからでも参加できるのがオンラインイベントのメリットです。しかし、時間やスケジュールは、オフラインのときと同様に調整が必要です。誰でも参加しやすい日時を設定し、イベントを企画しましょう。

所要時間は短めにする、休憩を入れる

オンラインイベントは、対面式(オフライン)よりも集中力が続かないといわれています。そのため、イベントは30分程度に収めるのが理想です。長時間になりそうな場合は、休憩を入れるようにしましょう。

ツールや環境は事前に確認しておく

テレワーク環境が整っているなら、いつも通りで問題ありません。ただ、事前に使うツールなどは確認しておいたほうが良いでしょう。

入社したばかりの方や普段あまりWEB会議ツールを使用しないという方など、不慣れである場合は事前に使い方の共有や環境の確認などを実施しておきます。

オンラインで楽しめる社内イベント3つ

オンラインで楽しめる社内イベント3つ
ここでは、オンラインで楽しめる社内イベントを3つご紹介します。

1.リモート飲み会・ランチ会

定番ともいえるのが、リモート飲み会・ランチ会です。新人研修の親睦会として取り入れるのも良いでしょう。特にランチ会は、在宅勤務でのコミュニケーション不足の解消に役立つイベントです。時間を決めて、各自で食事を用意します。食事や話題はテーマを用意すると盛り上がるでしょう。

2.息抜きミーティング

仕事の話はNGとして、雑談をするイベントです。趣味の話でも、世間話でも自由に話題を決めて、コミュニケーションを取ります。仕事以外の話は、コミュニケーションをハードルが下がることもあり、仕事中も話やすくなります。在宅勤務中、リモートでどのようにコミュニケーションをとって仕事をすべきなのか、悩んでいる方がコツを掴むきっかけになるかもしれません。

息抜きミーティングは、他のイベントに組み込んでも良いですし、あえて息抜きミーティングをする時間を取っても良いでしょう。

3.ゲーム大会

ゲーム大会を企画するのもおすすめです。リモート飲み会や親睦会のイベント企画として組み込んでも良いでしょう。ポイントはあまり道具を使わないゲームを選ぶのがおすすめ。アプリやツールを活用するとオンラインだけでゲーム大会をすることが可能です。

おすすめゲーム

ゲーム大会でおすすめのゲームをご紹介します。

・クイズ大会
企業の歴史クイズや業務に関することはもちろん、音楽クイズでも常識クイズでも盛り上がること間違いありません。

・ビンゴ大会
ビンゴ大会と聞くと、紙のビンゴカードを用意する手間がかかるのでは?と思うかもしれません。ビンゴカードがなくてもビンゴアプリがあればビンゴゲームができます。また、Wordやパワーポイントを使って作ったり、各自で作成しておいたりしても良いでしょう。

オンラインでも十分にビンゴ大会をすることができます。

・絵しりとり
絵だけでしりとりをしていくゲームです。紙とペンを各自で用意してもらうか、アプリを利用して絵しりとりゲームができます。準備するものが少なく簡単にできるゲームです。

他にもじゃんけん大会やジェスチャーゲーム、謎解きゲームなどもオンラインで実施することが可能です。

オンライン社内イベントで使えるWEB会議ツール

オンライン社内イベントで利用するWEB会議ツールは、普段リモート会議で使っているツールで問題ありません。

定番のZoom

WEB会議ツールの定番ともいえるのがZoomです。会議だけではなく、イベントに利用するのもおすすめです。

Zoomは複雑な操作はなく、簡単に利用できるので使い慣れていない方にも使いやすいでしょう。利用者も多いので、リモート会議に慣れるには、ぴったりのツールといえます。

TeamsやChatWorkのようなビジネスチャット

他にもTeamsやChatWorkのようなビジネスチャットでもWEB会議機能がそなわっています。ビジネスチャットは、業務のやり取りはもちろん、タスク管理やファイル共有などができます。WEB会議もできるので、イベントの利用にも活用可能です。

姉妹サイト「HYPER VOiCE」では、テレワークに必要なWEB会議ツールやビジネスチャットの導入支援を行っております。テレワークツールの導入にお困りであればご相談ください。

詳しくはこちらから

まとめ

今回は、オンラインで楽しめる社内イベントをご紹介しました。

オンライン社内イベントは、WEB会議ツールが導入されていれば、すぐに実施することが可能です。在宅勤務が増え、社内のコミュニケーションが不足している…と感じているなら、オンラインでのイベントの実施を検討してみてはいかがでしょうか。