Office 365の利用にはアカウントが必要!その作成方法は?

2020/03/17 Office365
Pocket
LINEで送る

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?

Office 365は、市販されているパッケージソフトとは異なり、利用する場合にはアカウントが必要です。

この記事では、アカウントの作成方法をはじめとして、多人数で利用する場合や、アカウントに関連したトラブルが発生した場合の対処法について解説します。

Offce 365で利用するアカウントの作成手順

Offce 365アカウント作成手順
Office 365を利用する場合、まずはアカウントの登録が必要となります。

Office 365 で利用するアカウントとは?

Office 365で使用するアカウントは、Microsoftのさまざまなサービスで利用できます。

OutlookやHotmail、OnedriveやSkypeなど、ソフトやサービスは多岐に渡る上に、サポートで問い合わせる場合や支払い方法の変更などにも必要です。

法人で利用する場合は、アカウント管理者が他の利用者(従業員)に対しアカウントを作成することが可能です。

アカウント作成方法

アカウントを作成する方法は以下になります。

  • Microsoftアカウントページに移動する
  • ページ内の『アカウントを作成しましょう』を選択する
  • メールアドレスと電話番号を登録し、パスワードを作成する。
  • 『次へ』をクリックする

アカウント作成完了のメールが登録したメールアドレスに送られてきますので、アカウント情報を利用して以降はログインを行いましょう。

法人向けのプランを利用する場合、アカウントの作り方がことなります。

法人アカウントで、管理者が新たにアカウントを作成する場合は、Office 365管理センターの左メニューの『ユーザーとグループ』→『アクティブなユーザー』内にある『追加』で行うことができます。

多数のアカウントを同時作成

多人数を同時に追加する場合は、CSVファイルを利用するという方法があります

先ほど同様に『アクティブなユーザー』まで選択した後、『一括追加』をクリックしてください。

『サンプルの CSV ファイルをダウンロードする』を選択してCSVファイルをダウンロードします。そのファイルをExcelで開き、情報を変更した後に、『CSV(カンマ区切り)』で再度保存してください。

文字化けを回避するために、Unicodeへの変換を行うと良いでしょう。

Office 365管理センターに戻り、ファイルの選択→参照から先ほどのCSVファイルを選択してください。エラーがなければ、ユーザーに対しメールで仮パスワードとユーザー名が送信されます。

アカウントの運用

アカウントの運用
長期にMicrosoftを利用していると、アカウントの情報変更を行うケースも出てくるでしょう。そこでアカウントの名前を変える場合や、削除の方法など、アカウントの運用について解説します。

アカウント名の確認と変更方法

まずは、Microsoftの公式ページへとアクセスし、サインアップを行ってください。マイアカウントの中にある『あなたの情報』をクリックすると、自分のアカウント名やプロフィール画像などが確認できます

自分の名前をクリックすると、名前や生年月日、国籍などの情報が表示されたプロフィール画面が開かれますので、そこから変更を行いましょう。

アカウントの削除

アカウントの削除方法を解説します。

自身のMicrosoftアカウントページを開いたら、『アカウント』→『セキュリティ』→『その他のセキュリティオプション』を選択します。1番下の欄に『アカウントの削除』があるので、そこから手続きを行っていきましょう。

また、管理者として他のアカウントの削除を行う場合は、管理センターにある『アクティブなユーザー』からユーザーの削除が可能です。

運用中によくある疑問

運用中によくある疑問
Microsoftのサービスを利用している間には、利用や仕様に関するさまざまな疑問が出てくることが予想されます。その中で問い合わせが多い、代表的な疑問と解決方法について解説します。

アカウントエラーが発生

アカウントエラーが表示され、Officeアプリやサービスにアクセスできないエラーが発生することがあります。その場合、考えられるのは次の原因です。

  • インターネットの接続が不安定
  • アカウント情報が間違っている
  • Windowsが最新のバージョンではない

特にWindowsに関して最新のバージョンでない場合にエラーが発生するケースがあるようなので、ネット環境やアカウント情報も含めて、正常かどうかを確認しましょう。

アカウントロックされた

サインイン時にパスワードを10回間違えると、アカウントがロックされます。1度目のロックは15分で解除されますが、その後は間違えるたびに時間が増加していきます。

無理にログインしようとせず、再度アカウント情報を確認しましょう。

アカウントを切り替えたい

アカウントを切り替える方法は、まず立ち上げたOfficeアプリ右上に表示されている自分のアカウント情報をクリックします。すると『アカウントの切替』というコマンドが表示されるので選択してください。

アカウント、あるいは法人アカウントを選択します。後は通常と同じようにメールアドレスとパスワードを入力すれば切替は完了です。

まとめ

Office 365の利用には個人・法人関わらずアカウントが必要です。アカウントはOfficeと提携する他のMicrosoftサービスの利用でも必要なので、セキュリティの観点からも厳重に保管してください。

アカウントの追加や情報変更はMicrosoftの公式ページから行えます。サポートページにはさまざまなトラブルの対処法や質問への回答が掲載されていますので、利用上の疑問がある場合は公式ページを訪問しましょう。

クラウドサービス契約管理を一本化

さーす丸でクラウドサービスの契約管理を一本化しませんか?
The following two tabs change content below.
クラウドインフォボックス編集部

クラウドインフォボックス編集部

クラウドサービスやSaaS製品、パソコンに関する情報を配信しています。